SDGsへの取り組み

SDGs

SDGsとは
持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。
地球上の「誰1人取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球及び繁栄への行動計画として、「貧困」や「健康と福祉」など、17の目標と169のターゲットで構成されています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

宣言:SDGs × ルアナ保育園

私たちは、このSDGsの意義に賛同し、
「持続可能な世界の実現」へ向けた保育に真っ直ぐに取り組み、
豊かで活力ある未来の創造に貢献します。

SDGs目標に対する方針

  • 貧困をなくそう
    貧困は経済的要因のほかに、たとえば「言葉の貧困」、「文化の貧困」「体験の貧困」「自尊感情の貧困」「愛されることの貧困」などがあります。
    私たちは、子どもたちのこころが動き、豊かになるための体験ができるよう、一人ひとりに寄り添った丁寧な保育を行います。
  • すべての人に健康と福祉を
    健康と福祉を得られることは、ひとつの人権です。
    保育園で子どもたちは、心と身体を精一杯動かし、栄養バランスのとれたおいしい給食を食べ、落ち着いた空間のなかでゆっくりお昼寝をします。
    このような、子どもたちのあらゆる欲求を受け止め“こころとからだの健康”を育みます。
  • 質の高い教育をみんなに
    人は答えを教えてもらうのではなく、失敗することで考える力を養い、思考錯誤から成功までの課程のなかで多くのことを身に付けることができます。
    私たちは、子どもの見ている風景を共に感じ、子ども自ら「あれなんだろう」「できたらいいな」「やってみたい」と挑み、自分で自分を発達させるための環境設定に配慮します。
  • ジェンダー平等を実現しよう
    「男の子らしさ」や「女の子らしさ」といった性別的役割を固定することは、子どもたちの未来を狭めてしまう可能性があります。
    ジェンダーにとらわれず、その子の個性を尊重し、一人ひとりの成長に合わせた保育を心掛けます。
  • 働きがいも経済成長も
    保育のお仕事は、子どもたちに寄り添うなかに、思いやるこころ、感謝、感動、共感があり、人間としての成長とやりがいをもつことができます。
    私たちはワーク・ライフ・バランスを推進し、職員がそれぞれの個性を活かして“いきいき”と活躍できる職場づくりを進めます。
  • 人や国の不平等をなくそう
    「公平・不公平」の問題は、子どもたちの生活や遊びのなかでも存在します。
    私たちは、子ども同士のぶつかり合いから、順番・交代といった“みんなが納得する”問題解決までの過程を支援し、自ら不当な扱いに気付き改善しようとする力を育みます。
  • 住み続けられるまちづくり
    さいたま市は、「子育て楽しいさいたま市」を合い言葉に、子どもと共に生きるすべての人が社会で活躍できるまちを目指しています。
    私たちは本市の認可事業者として、様々なニーズに応じた保育の受け皿となり、子育て世代をはじめとする地域の皆様が住み続けたいと思えるまちづくりに貢献します。
  • つくる責任 つかう責任
    生産者も消費者も、地球の環境と人々の健康をまもれるよう、責任のある行動を取ることが求められています。
    給食発注における仕組みの整備や食育の推進、牛乳パックをおもちゃなどに活用するなどの工夫を行い、「食品ロス」や「廃棄物リサイクル」等の環境問題に取り組みます。
  • パートナーシップで目標を達成しよう
    子どもは1人では生きていくことが出来ません。家族や友達、保育園・学校、などあらゆる支えがあり成長することができます。
    子どもを預かる保育者として、園児の保護者とのより良い関係性を築いていくことはもちろん、行政や学校、地域、病院等の専門機関との密な連携によって、子どもたちの健全な育ちを支えます。

ルアナ保育園 浦和

住所
さいたま市浦和区仲町2-16-5
開所時間
平日7:30~19:00
土曜7:30~18:30

メールでのお問い合わせ

見学、入園に関すること等、お気軽にご連絡ください。

TOP